自分のメールアドレスが送信者になっている迷惑メールが届く

文字列フィルタ形式のメール受信制限を回避するために受信者と同じアドレス(または同じドメイン名のアドレス)を送信者にしていることがよくあります。

送信に利用するメールサーバーの仕様にも因りますが、一般的に送信者アドレスは簡単に詐称できますので送信者欄に記載されている名前やメールアドレスを鵜呑みにしないようにしてください。

Comments are closed.